【2019年】ケアマネジャーのおすすめ無料学習アプリ【受験対策】

「ケアマネジャーの試験を控えているんだけど、
スマホでサクッと勉強できるアプリはないかな?

アプリの特長・オススメできる点も
あわせて紹介してほしい。」

こういった悩みにお答えしていきます。

 

こんにちは、Maruです。

今回の記事では、ケアマネジャーの受験対策を万全にしておくために、試験対策アプリを紹介していきます。

ケアマネジャーの勉強されている方ならご存知だと思いますが、ケアマネの試験は介護福祉士の試験とは比べものにならないほど難しいです。

勉強をしておかなければ「間違いなく不合格になる」といっても過言ではありません。

第21回(平成30年度)の試験では、受験者数49,333人に対して合格者数4990人。
(厚生労働省HP引用:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187425_00003.html)

合格率は10.1%、つまり10人に1人の割合でしか合格者がでていません。

あなたが不合格にならないためにも、できるだけ勉強する時間をふやして、コツコツと学習していく必要があります。

そこで今回の記事では、僕が実際に使ってみて本当に良かったアプリを厳選して紹介していきます。

・アプリの特長
・おすすめできる点
・実際に使ってみた感想

上記の点をあわせてくわしく紹介していきます。

ぜひ今後の試験対策に役立ててみてください。

それでは、さっそく本編へどうぞ。

 

スポンサーリンク

【2019年】ケアマネジャーのおすすめ無料アプリ【受験対策】

①ケアマネージャー(ケアマネ)暗記カード+過去問 解説付

ケアマネ(ケアマネージャー)暗記カード+過去問解説付き
ケアマネ(ケアマネージャー)暗記カード+過去問解説付き
開発元:Toshichika Yamashita
posted withアプリーチ

・暗記カードでこまめに勉強できる
・ふせん機能で苦手な問題を把握
・出題パターンが豊富

▼実際に使った感想

過去問題が解けることはもちろん、このアプリは「暗記カード」で学習することもできます。

暗記カードを利用することで、「一問一答形式」で勉強を進めていくことができます。

自分のペースで一問ずつしっかり覚えていけるので、覚えやすさもGOOD。

アプリの学習においては「これさえあれば問題ない」と言えるレベルで、機能が充実しています。

広告が小さく表示されますが「じゃまになって勉強に集中できない」とは感じませんでした。

デザインもきれいなので見やすさ・使いやすさともにバッチリ。

有料でもつかいたいと思えるアプリです。

 

②ケアマネ(ケアマネージャー)試験過去問

ケアマネ(ケアマネージャー)試験過去問(2018年度受験用)
ケアマネ(ケアマネージャー)試験過去問(2018年度受験用)
開発元:ayaka hirano
無料
posted withアプリーチ

・シリーズ累計30,000ダウンロードの人気アプリ
・900問をこえる豊富な問題数
・試験日が表示されるので、勉強にやる気がでる

▼実際に使った感想

文字が大きくて見やすい仕様になっています。

操作がシンプルなので、スマホの扱いになれていないといった方でも、さくさく簡単に使いこなせるでしょう。

広告が表示されますが気にならない程度なので、勉強のじゃまにはならないと感じました。

学習のつまらないところは「勉強したけど自分が成長しているのか分かりにくい」といったところ。

仮に、自分が成長しているのを視覚化することができれば、学習が楽しくなってくるはずです。

このアプリは、毎日の学習成績がグラフで表示されるので、日を重ねるごとに自分が成長をしているのを知ることができます。

なので、勉強に対する意欲や楽しさが増してきますよ。

 

ケアマネジャーの試験対策でアプリを使うべき2つの理由

①スキマ時間をつかってサクッと勉強できる

アプリであれば、すきま時間にサクッと勉強することができます。

・会社から家までの通勤時間
・寝る前に10分だけ勉強
・休日のヒマな時間

場所を問わず、手軽に勉強ができるのはアプリの魅力です。

②勉強が苦痛に感じにくい

「問題集のページを開ける」

これはかなり簡単な作業ですが、気が進まなければかなりハードル高くなります。

僕は勉強が好きではないので、ページを開くことを考えるだけで気が重くなります。

しかしアプリであれば、ゲーム感覚でアプリを立ち上げることができますし、指1本で学習が可能になります。

タップしてアプリを起動

問題を読む

答えをタップ

解説が出てくる

次の問題へ

操作が簡単なので苦痛を感じにくく、ベッドで寝転がりながら勉強できるのも良い点です。

 

スポンサーリンク

ケアマネジャーの試験対策アプリを使う際の注意点

①最新版のアプリをつかう、古いアプリはつかわない

アプリが更新され続けていればOKですが、更新が2、3年前で止まっているのであれば利用はひかえましょう。

その理由は、「古い情報であるため、法制度の条文が改正されているかもしれない」からです。

古い情報を覚える=間違えた答えを覚えるということです。

「このアプリの問題、答えが間違っているような気がする」と感じた場合、以下のサイトで最新の情報を確認しましょう。

ケアマネジャーの試験でおおく出題される「介護保険法」は要チェックです。

ケアマネジャーの学習を進めていくうえで、利用する場面が多くありますので、ブックマークしておくのをオススメします。

›› 厚生労働省(統計情報・白書)

›› 電子政府の総合窓口 e-Gov

 

②アプリに頼りすぎない

あくまでも、スマホアプリは補助ツールとして活用するようにしましょう。

「問題集の代わりに、アプリでガッツリ問題を解く」というのは避けるべきです。

その理由は、アプリ作成者のミスで、間違えた解答が正解になっている場合があるからです。

先ほどの内容と同様、「間違えた答えを覚えてしまうリスク」があります。

反対に、アプリの間違いに気づくことができたのなら、自分の力がしっかり身についているといえます。

僕がおすすめする学習の流れはつぎのとおりです。

参考書で基礎を学ぶ

過去問題集で問題を解く

スキマ時間にアプリで問題を解く

模擬問題集で受験対策

学習の土台となる基礎をしっかり学んだうえで、アプリを使って勉強していきましょう。

 

ケアマネジャーの試験に合格するための2つのヒケツとは?

①自分に合った教材をえらぶ

参考書選びは、かなり重要な作業です。

「使いづらいなあ」と感じる参考書を利用することで、学習のスピードはガクンと落ちます。

努力に見合わない、効率の悪い勉強になってしまいます。

なので、参考書選びはテキトーに済まさず、しっかり考えたうえで選んでいきましょう。

 

②まとめノートを一冊つくる

参考書に書かれている字をながめているだけでは、内容はなかなか頭に入ってきません。

なので、まとめノートを一冊つくることをおすすめします。

・箇条書き
・図
・表

分かりやすく手書きでノートに内容をまとめていけば、記憶の定着にもつながり、学習スピードも高まります。

自分なりの効果的な学習方法を見つけていくのも良いですね。

 

「1日10問の問題を解く」

これを1年間やりつづければ、3650問の問題を解いたことになります。

「チリも積もれば山となる」ですね。

学習をはじめたころは、「勉強が難しすぎる」「自分にはゼッタイ無理だ」と思われるかもしれません。

とはいえ、勉強をコツコツと積み重ねていくことで、少しずつ自分が成長しているのを感じることができます。

きっと数か月後には、今の自分からは想像もつかなかった姿になっていることでしょう。

さあ今日から少しずつ、ケアマネジャーの勉強をはじめていきましょう。

あなたがケアマネジャーの試験に合格することを心から祈っています。

 

 人気記事  ›› 【無料のみ】現役介護士の僕がおすすめする介護士転職サイト【3選】

 人気記事  ›› 【必見】介護士が転職で失敗をふせぐコツと確認すべき3つのポイント 

スポンサーリンク




スポンサーリンク