【夜勤専従介護士】求人さがしで活用すべきサイト3選【注意点あり】

「夜勤専従の介護士として
働こうと考えているんだけど、
どんな求人サイトを活用したらいいのかな?

あと、就職活動のすすめ方や、
夜勤の辛い施設を見極めるポイント
についても知りたい。」

 

こういった疑問にお答えしていきます。

 

本記事の内容

①:求人探しをすすめていく具体的な手順

②:夜勤が辛い施設を見極めるポイント

③:【夜勤専従介護士】活用するべき求人サイト

④:求人サイトを利用する上での注意点と対処法

 

こんにちは、Maruです。

この記事を書いている僕は、福祉業界に勤めて5年目。

現在、介護施設のリーダーとして働いています。

本記事では、経営者が言えないようなことや介護施設のリアルなど、現役介護職員の僕だから伝えられることを、つつみかくさずストレートにお話ししていきます。

求人サイトに関しては、登録から就職にいたるまで、無料で利用できるサイトのみ紹介していきますので安心してご覧になってください。

「前置きはいらないから求人サイトを早く知りたい」と思われている方は、下記の目次からスキップをお願いします。

それではさっそく本編へどうぞ。

スポンサーリンク

求人サイトを利用して、入職するまでの具体的な手順とは?

求人サイトを利用していくうえで、僕がおすすめする入職までの流れを解説していきます。

つぎのとおりです。

①:求人サイトに登録する

②:コンサルタントに職場選びの条件を伝える

③:条件に合った求人を探してもらう

④:気になる求人があれば、施設に見学へ行く

⑤:働きたい施設に応募する

⑥:コンサルタントに施設側と条件の交渉をしてもらう

ポイントが2つあります。

1つ目は、⑥の「コンサルタントに施設側と条件の交渉をしてもらう」

そうすることで、自分が施設と直接的に条件を話しあう必要がなくなります。

自分の意見を強気に言えない方であれば、コンサルタントは心強い味方になります。

直接話しずらい給料の交渉もおまかせしてしまいましょう。

自分ひとりで転職活動をするとどうしても気持ちが萎えてしまうので、二人三脚で進めていけば気持ちも前向きになりますよ。

2つ目は、見学に行く施設を1つにしぼらないこと。

「この施設で働いてみたい」と思う求人を、最低でも3つ用意しておいてください。

そして、気になるすべての施設へ見学に行くようにしましょう。

実際に見学をしながら施設を比較していき、最終的に働きたい施設を選ぶようにします。

「設備が整っているから働きやすそう」「怒りっぽい看護師がいるな」など、施設の特徴や雰囲気を感じとることができます。

同じ介護施設といえど、それぞれ特徴や雰囲気、働きやすさはさまざまです。

できるだけ多くの施設へ見学に行くようにしましょう。

 

夜勤が辛い施設を見極めるポイントとは?

求人サイトを利用する前に、夜勤が辛い施設を見抜くポイントを把握しておきましょう。

ポイントををおさえておかなければ、働きアリのごとく働かされ、ブラック施設の餌食になるかもしれません。

僕の体験談をふまえて分かりやすく解説していきます。

夜勤が辛い施設を見極めるポイントはつぎのとおりです。

①:勤務時間の長さはどのくらいなのか?
②:現場の雰囲気はどんな感じか?

順をおって説明していきます。

①:勤務時間の長さはどのくらいなのか?

施設によって、夜勤の拘束時間の長さはさまざまです。

2交代の夜勤を例にあげてみます。

・施設A 出勤PM17:00 退勤AM10:00
 → 拘束時間 17時間

・施設B 出勤PM17:30 退勤AM11:00
 → 拘束時間 17時間30分

このように、夜勤の勤務時間の長さは施設によって異なります。

「たった30分長いだけじゃん」と甘く見ないでください。

11時までいるんだから、「バイタル測れるよね?」「10時のトイレ誘導する時間あるよね?」と、日勤者の仕事を夜勤明けの職員がやっている施設もあります。

夜勤明けは眠気との戦いになりますよね?

そんな状況でガンガン働かされると、大きなストレスをかかえる原因になります。

「そのぶん給料が高い」とかなら分かりますが、実体験としては待遇面で変化はありませんでした。

それから、求人票に書かれている条件をすべて信用しないようにしましょう。

書類ではキッチリ休憩時間が確保されているように書かれているかもしれませんが、実際は休憩時間をとれていない施設もあります。

・夜勤者の具体的な勤務内容とは?
・休憩時間はしっかり確保されているのか?

この2点は必ず施設に確認をとるようにしておいてください。

自分が納得のいく条件で施設を選ぶようにしましょう。

②:現場の雰囲気はどんな感じなのか?

できれば夜、もしくは夕方に施設見学へ行くことをおすすめします。

なぜなら、夜勤専従職員が確認しておくべきことは「日中の利用者の様子」ではなく、「夜間の利用者の様子」だからです。

そこで確認しておくべきことはつぎのとおりです。

・暴力行為のある利用者がいないか? 
・昼夜逆転している利用者は少ないか?

昼に見学へ行ったときは穏やかな雰囲気だったのに、夜は1人では対応しきれないほどに利用者が不穏になられていることもあります。

暴力行為のある方だとしたら、利用者はもちろん、職員も不安になりますよね。

たとえ長年介護士を続けている方であったとしても、夜勤が大変な施設は避けたいと思うものです。

施設を運営していくために「売り上げ」だけを気にして、職員の働きやすさを考えないような施設も存在します。

そういった施設で精神と体力を消耗しないためにも、夕方以降に見学へ行くことをオススメします。

職場選びは、「うたがう気持ち」をもって、慎重におこないましょう。

 

スポンサーリンク

【夜勤専従介護士】求人さがしで活用すべき転職サイト【3選】

利用者数が多く、大手である転職サイトを3つ紹介してきます。

いずれも「納得のいく求人を探してもらえた」「サポートが手厚い」と評判の良い転職サイトを厳選しています。

基本的な選び方としては「求人サイトの特徴が自分の条件に合うもの」を選んで、登録しておけばOKです。

もちろん3つのサイトすべてに登録しておくのも良いでしょう。

選べる就職先の幅が広がりますし、自分にあった求人を、いち早く見つける可能性も高くなります。

①:かいご畑

かいご畑おすすめ度:★★★★★

◆かいご畑の特徴とは?

・働きながら受講料無料で介護士資格がとれる制度がある
・無資格・未経験者OKの求人が多数ある

かいご畑は、コンサルタント全員が介護資格を所持しているので、有資格者としての目線で職場を選んでもらうことができます。

就職活動に自信のない方は、コンサルタントのアドバイスをしっかり取り入れていきましょう。

介護士未経験者の方から経験が長い方まで、幅広くおすすめできる求人サイトです。

>>無料登録はこちら【公式サイト】

僕が実際にかいご畑をつかってみた感想や就職までの流れを「【レビュー】かいご畑の登録方法から求人紹介の流れ」にくわしくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

【レビュー】かいご畑の登録・求人紹介の流れ【実際に使った感想】

2019-01-22

②:MC-介護のお仕事


おすすめ度:★★★★★

◆MC-介護のお仕事の特徴とは?

・利用満足度95%以上の実績あり
・一般には公開されていない「非公開求人」が多数ある

「派遣社員だと福利厚生が不安」と思われていませんか?

MC-介護のお仕事では、健康保険、厚生年金、雇用保険など、福利厚生が整った環境で働くことができます。

健康診断や有給制度も用意されてあるので、お得かつ安心して仕事をはじめることが可能です。

常勤・非常勤・派遣・単発など、自分に合った細かい条件を指定して、仕事探しを進めていきましょう。

>>無料登録はこちら【公式サイト】

③:きらケア介護派遣

きらケア 派遣おすすめ度:★★★★

◆きらケア派遣の特徴とは?

・派遣に特化しているので、派遣社員の実態にくわしい
・内部情報にくわしいので、職場のリアルな口コミを聞ける

きらケア介護派遣は、就職後のアフターサポートもしっかりしているサイトなので、「就職したらサヨウナラ」ではなく、職場環境の悩みがあれば相談にのってもらうことができます。

職場で悩みごとができてしまった場合は、きらケア派遣のアフターサポートを活用していきましょう。

ただし、サイトに登録できる地域が限られているので、すべての方が利用できない点が残念な部分です。

少しずつ利用できるエリアは拡大されているようなので、自分の地域で利用できるのか確認してみましょう。(登録する際に、住所を選ぶ項目があります)

>>無料登録はこちら【公式サイト】

 

求人サイトを利用するうえでの注意点と対処法

さきほど紹介したとおり、求人サイトにはメリットがたくさんありますが、もちろん注意点もあります。

その注意点とは、「コンサルタントが思うように動いてくれない可能性がある」ということです。

コンサルタントも人間なので、求人を提供してくれるスピード、相談の対応力に差があります。

なので、自分からも積極的にコンサルタントに問い合わせていくようにしておいてください。

実際にコンサルタントとやり取りをしているうちに、「この担当者は自分に合わないな」「思ったとおりの求人を探してくれない」と感じた場合は、すぐに別の求人サイトを利用しましょう。

時は金なり。時間のムダづかいをせず、最短ルートで就職活動を進めていくことが大切です。

そのためにもまずはサクッと登録をすませて、コンサルタントからの連絡を待ちましょう。

>>かいご畑

 ※無資格・未経験者OKの求人多数あり

>>MC-介護のお仕事

 ※他のサイトにはない「非公開求人」多数あり

>>きらケア介護派遣

 ※派遣特化型、派遣社員の実態にくわしい

あなたが理想としている就職先にめぐり会えることを願っています。

スポンサーリンク




スポンサーリンク